優雅な習い事!音楽教室で楽器を学ぶ

ピアノやヴァイオリンなどの楽器を演奏できたり、歌を素敵に歌えるということに憧れを持つ方は多いと思います。しかし、習い事としての音楽というと『幼少時からの厳しいお稽古』『何かとお金がかかる高価な習い事』というイメージがついてしまいがちです。ところが最近では子供向けのレッスンはもとより、大人向けの習い事やシニア層の趣味としても注目が集まっており、音楽教室の数及び低価格なレッスン体制も増え身近な存在となっています。音楽に触れることは心の安らぎにもつながり、また集中力を養うことが出来るため、忙しい現代社会に必要な習い事の一つだと言えるかもしれません。では実際にどんなレッスンの通い方ができるのでしょうか。その形態について例を挙げていきたいと思います。

定期的に足を運ぶ、通学型音楽教室

最もポピュラーなレッスン体制である通学型は、一番取り組みやすいスタイルであると言えます。曜日と時間が固定されている場合が多く、定期的に一定時間レッスンをしてもらえるので、上達も早くやりがいがあります。大手の教室のほか、個人で教室を開いている先生も多く、特にピアノ教室は町中に複数あると言っても過言ではないほど存在しています。最近ではショッピングモールに入っている楽器屋が教室を併設していることも多く、買い物と合わせて便利に通いやすいと人気を博しています。こういった場所ではトランペットやオカリナなどピアノ以外の教室が開かれていることも多いので、習ってみたい楽器を絞って検索してみるのも良いでしょう。楽器屋と併設されている場合、楽器の購入や修理にも大変便利です。大きな教室に所属していると、発表会や情報交換、交流関係の拡大がしやすいので、社交的に音楽を学びたい方に最適です。

先生に自宅まで来てもらう、訪問型音楽教室

先の例とは逆に、先生に自宅まで来てもらいレッスンを受けるスタイルも人気が上がって来ています。通学型に比べレッスン料が高い傾向にありますが、自分の都合でレッスンを受けることが出来るので、なかなか外出をすることが難しい環境にある方に人気のようです。家庭教師のような感覚で先生をお迎えし自宅でレッスンをすることは、外出のストレスやかかる時間を軽減できるので、忙しいかたや慣れた環境でレッスンを受けたいかたにおすすめです。じっくりと技術を学べるので集中してレッスンを受けることが出来ますが、発表会など団体行動には参加が難しいというデメリットもあります。また、自宅に大きな音を出しても大丈夫な環境が必要であるため、近所への音漏れやレッスン時間についても配慮が必要です。