楽器を始めるなら自分に合った音楽教室を選びましょう

楽器を習うと聞くと、子供の情操教育の一環と思われる方も多いのではないでしょうか。最近では、小さい頃に習いたかった楽器を演奏したい、途中でやめてしまった楽器をもう一度演奏したいという大人の方が増えています。特にピアノは始めやすい楽器でもあること、また両指を動かすことが脳の刺激につながり認知症の予防になるということで、ピアノを始める方が多いようです。
でも、実際に楽器を習うために音楽教室を選ぶときには、有名な大手の教室のほうが良いのか、個人教室のほうが良いのか、迷ってしまうことはありませんか。どちらにしても、自分に合う先生を見つけることがなにより大切ではありますが、システムとしてどちらが自分に合っているのかを比較して、自分に合っていて、レッスンを続けられそうな教室を選びましょう。

大手では一定レベルのレッスンが受けられます

大手の音楽教室では、採用試験を合格した講師のレッスンを受けることができます。どんなレベルかわからない個人教室の講師と違って、講師としてのレベルや資格を持っている人、専門の講習を受けている人なので、講師のレベルの安心度が高いといえるでしょう。全国に教室が多いため、転勤や結婚などで引っ越しをすることがあった場合でも、新しい地域の教室をすぐに紹介してもらうことができます。
1つの教室に同じ楽器の講師が2人以上いることが多いので、講師間を通じて新しい情報を得やすい環境であることも、大手教室のメリットです。また楽器店が運営していることが多いため、楽器や楽譜を購入する際に割引き制度がある教室もあります。駅に近いところが多いので、会社帰りに通いたい方にもおすすめです。

個人教室ではのんびりとレッスンが受けられます

個人の音楽教室は、講師がどんな方なのかわかりにくいというデメリットがあります。でも大手独自の教育システムに縛られない、生徒のやる気や進み具合に合わせたレッスンを受けられることが多いです。また、大手教室ではレッスンを休んだ場合、他の曜日は他のレッスンで埋まっているために振り替えがきかないことが多いですが、個人教室では振り替えレッスンを調整してくれることもあります。月謝も大手に比べるとリーズナブルです。のんびりと楽器を習いたい、月謝費用を抑えたいという方におすすめします。
最近では、大手教室でも個人教室でも体験レッスンをおこなっているところが増えています。せっかく始める楽器の演奏を生涯続けられる趣味にするためにも、講師との相性、レッスン場の雰囲気など、自分が納得する教室を選びましょう。